花粉の肌荒れ対策はこの6つのスキンケアで

花粉の時期は、花粉が原因で、お肌が乾燥したり、赤くなったり、痒くなったり、ヒリヒリしたりとか目や鼻が調子悪くなる以外にも、お肌がトラブルを起こす時期です。花粉による肌荒れの対策には、化粧品を使ったり、食生活や生活習慣を改善するなどの、いくつかの方法がありますが、ここでは、スキンケアによって対策できる6つの方法をお伝えします。

とにかく保湿する

花粉がお肌につくことによってアレルギー反応が起こりダメージを受けます。ダメージを受けたお肌は保水機能が低下して乾燥してしまいます。
保湿にいちばん有効なのが、セラミドを含んだ化粧品です。

やさしく洗顔

クレンジングなどは使わず、石鹸は、オーガニックのものを使い、直接肌に触れないように泡立てをしっかりとしてやさしく洗顔しましょう。時間をかけたり、強く擦るのもはNGです。使うお湯は、人肌の温度より少しさまさしてぬるいものがいいです。

洗顔後は化粧水ですぐ保湿

洗顔後に、そのまま放っておくと肌が温かいので湯気とともに水分が蒸発していくので洗顔後が、化粧水ですぐ保湿するように心がけましょう。

髪に付着した花粉にも注意

花粉は髪の毛にも付着します。外から帰ってきたらなるべく早くシャンプーして花粉を落としましょう。せっかく洗顔して顔についた花粉を落としても、花粉の着いたままの髪の毛が顔に付いたりしては意味がありません。

外から帰ってきてすぐにシャンプーできない人は、顔に髪の毛がつかないように、シャンプーするまで髪の毛をまとめておくといいでしょう。

紫外線に気をつける

花粉が増加する頃の季節は、紫外線も強くなって来る頃です。お肌が紫外線にあたると、お肌の防御昨日が低くなります。そうなると、そこから花粉が侵入しやすくなります。それなので、紫外線対策のためにUVクリームを塗って紫外線からお肌を守りましょう。

マスクをする

マスクは、鼻からの花粉の侵入を防ぐのが第一の目的ですが、マスクをすることによって顔のお肌を覆って花粉が直接触れるのをガードしてくれます。また、マスクの中の自分の息でマスク内が湿ってお肌の保湿にもなります。

花粉肌荒れ対策